マーケティングオートメーションとはどんなツール?

マーケティングオートメーションで見込み客の自動集客

マーケティングオートメーションを活用することにより、売上に結び付けられる見込み客を自動的に集めることが可能となります。リードナーチャリングという教育手法を用いて、集客した顧客に購買意欲の喚起を行い、売上に結びつけていくことを目指します。少人数で業務を営む企業では、人的コストを掛けて、売上向上を目指していくのが難しいのも実状です。成約に至る顧客を自動的に集めることができれば、多くの売上を計上することに繋がっていくのです。闇雲なアポ取りを進めていっても、成約に結びつく顧客を見つけられないものです。Webマーケティングを活用して集めたユーザーに、自社商材の教育を施すことにより、売上に結び付けられる顧客へと育んでいけるのです。

導入前に課題を明確にすることが大切

マーケティングオートメーションを導入する前に、自社が抱える課題を明確にすることが必要です。扱う商材やサービスのペルソナを策定し、どの段階で担当者がアプローチするのかを決めておきましょう。ステップ形式で販促を行うに際しても、自社の業務フローに即したシナリオの構築を行なっておく必要があります。

システムの選定にあたっては、オンプレミス型のシステムを導入するのか、クラウド型のWebサービスを活用するかの検討も必要です。ツールの導入に掛けられる予算と、期待する効果を意識しながら検討を進めるのが良いでしょう。導入が決定した後は、関連部署に業務プロセスの変革を伝えることが大切です。教育に要する期間も含めた導入スケジュールの検討を行いましょう。