マーケティングオートメーションが求められる理由

マーケティングオートメーションでコストと時間を削減したい

マーケティングは企業が営業をかける前に必ず行います。なぜならたとえ良い商品や提案であっても、それを求めている人や企業に営業しなければ成約率は上がらないからです。そのためには綿密なマーケティングを行って見込み顧客を正確に割り出す事が求められます。そのマーケティングは今まで専門部署を置き膨大な人件費と時間をかけて行われてきました。それほど資料も多く時間もかかる作業であったからです。しかし近年コンピューターやインターネットの普及により、膨大な資料を人間より確実に早く分析出来るようになりました。そのような流れから企業ではコスト削減と時間短縮の為にもマーケティングオートメーション、つまりツールを使ったマーケティングの自動化を求めるようになってきたのです。

マーケティングオートメーションで出来る事

マーケティングオートメーションが得意な事は何といっても膨大なデータの管理、分析でしょう。今まで見込み顧客を特定するために企業で取得したあらゆるデータを管理、分析、抽出、解析することで、より正確で細かな顧客のニーズを特定することが出来るようになります。これらは人間が行うよりはるかに早く正確かつ細かく行えるコンピューターの強みです。それによって得られたデータを営業部署に提示することで、営業を行う方もポイントを押さえた営業をかける事が出来るようになりました。実際にモノを買うのは人間なので全てをオートメーション化することは難しいでしょう。しかしコンピューターの得意分野を上手く使う事ができれば、結果として顧客満足度が上がるのです。