マーケティングオートメーションの選び方

マーケティングオートメーションの機能と目的を合致させましょう

「マーケティングオートメーションを導入したいけれど、どれを選んでいいかわからない」と言う人は、一定数いるようです。大体の人に共通していることとして、導入の目的がはっきり定まっていないという点があります。また折角導入しても、ツールに使いたい機能が付帯していないと、意味がありません。

例えば見込み客を創出したいのであれば、リード情報管理の機能が必要になります。リードスコアリングに力を入れたいようであれば、スコアリング機能やソーシャルマーケティング機能がついているソフトを選ぶのがベターです。また事前に確認しておきたいのが、他社の導入実績です。導入事例を確認して、実績が伴っているようであれば、そのソフトは一定の信頼性があると判断することが出来ます。

費用対効果が見込めるものかも確認が必要です

意外な落とし穴にならないように確認したいのが、ソフト導入後の運用スキルです。導入にあたっては初期費用と、導入後の管理費用等がかかってきます。素晴らしい性能の有益なソフトを導入しても、十分に使いこなせないとお金の無駄になってしまいます。自社にマーケティングオートメーションツールを十分に活用できる人材がいるかどうかは、相当重要な案件になります。もしいないようであれば、運用スキルを持つ外部の人間を確保しなければなりません。 一方で、マーケティングオートメーションツールは高価格から低価格まで、色々な物があります。高価格のものは機能的に優れたものが多いですが、必ずしも自社に利益をもたらしてくれるわけではありません。導入の際は、費用削減、及び売上の期待値をシミュレーションしておく、のような事前準備も欠かせません。