マーケティングオートメーションを導入する際の注意点

ツールを取り扱える人材の確保

マーケティングオートメーションは、文字通りマーケティング業務を自動化することで作業の効率化を図れるのがメリットになります。利便性の高さから導入する企業も増えていますが、利用する上で注意しなくてはいけないのが人材の用意です。マーケティングオートメーションは専門的な知識と技術が必要になります。どんなに便利なシステムでも使える人材がいなければ意味がありません。各ツールごとに推奨される人員が決められているため、それに伴う人材の確保が必要になります。導入する時点で対応できる人がいない場合には、専門家を呼ぶなどして社員教育をしなければいけません。これにより、結果的に余計なコストが掛かってしまうこともあります。

顧客リストを自分で集めなくてはいけない

導入を考えている企業の中には、マーケティングオートメーションが万能であるかのように誤認しているケースも多くあります。このツールはあくまでマーケティング業務を自動で行うものなので、対象となる顧客のリストなどは事前に自分達で制作をしておかなければいけません。海外ではリード情報を購入できる国もありますが、日本では個人情報難度の観点からこうした行為は禁止されています。顧客の数が多くなるほど作業時間が増えてしまうので注意が必要です。マーケティングオートメーションは大きくBtoC向けとBtoBの2種類に分けられています。同じように見えて取り扱えるリード数や販売チャンネルの対応の可否が違うので、導入をする前に確認しておかなくてはいけません。